興信所に人探しや行方調査を依頼する場合

1. 興信所に人探しや行方調査を依頼するケース
興信所では特定の人を探す調査も行います。家族や大切な人が突然行方不明になり、探しても見つからない時や、取引先の代表者と連絡が取れなくなって困っている時など、様々な場面で興信所に調査を依頼する人が少なくありません。

2. 警察と興信所、どちらに依頼すべき?
特に家族がいなくなった場合などは、まずは警察に捜索願を出すという人が多いことでしょう。でも、実は警察は捜索願が出されてもすぐに動いてくれるとは限らないのです。日本では毎日多くの捜索願が出されており、たとえ警察であっても全ての行方不明者を探すために動く事が難しいのが現状です。その場合、事件性がある場合や幼児や痴呆症を患っている人を優先して探さなければなりません。もしも警察がなかなか動いてくれそうもない時には、興信所に依頼した方がスムーズに調査を始めてもらえます。

3. 興信所に行方調査を依頼する時に注意する事
最近はインターネットが普及したため、多くの興信所の公式サイトを見られるようになりました。これらのサイトには人探しの成功確率を表示しているものも少なくありません。もちろん成功率は参考になりますが、成功率が90パーセント以上など不自然に高い場合は少し注意した方がいいかもしれません。成功率だけではなく、興信所所在地の表示や料金体系の分かりやすさなども併せてチェックするようにしましょう。